© 明日香鍼灸院 Kawaguchi

これまで2万人以上の患者さまに携わり、千人以上のがんの患者さまにも携わってまいりました。

今までの治療で理解したこと、それは施術者・患者さま共に「こころが大切!」ということです。

本当に「こころ」は大切です。

「こころ」がかわれば「カラダ」はかわります。

「カラダ」からのアプローチ(私はココ)で「こころ」もかわります。

人の「こころ」は受信機であり発信器です。

「こころ」と「カラダ」がかわれば本人はもちろんのこと、その方のまわり、家庭、会社、地域に良い影響を与えていきます。

しかし、1人でかわっていくのはなかなか難しいことなのです。

多くのがん患者さまにも係わってきました。

「前向きに生きる」この段階でも大きく分かれます。(※男性の方の割合は非常に少ないです)

「こころ」と向き合い「こころ」をかえる、このような患者さまはさらに少なくなります。

死を前にしてもかわることは難しいことなのです。

私は早く気づくためのサポーターです。

はじめのアプローチは肩こりかもしれませんが、「カラダ」を知ること、「こころ」を知ることで大難を小難にし、幸せな生活が送れます。

あなたにサポーターが必要な場合はお声をかけて下さい。お手伝いいたします。

お知らせ一覧
Please reload

過去のお知らせ
Please reload

雑子 毅

元・太極拳指導者

鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師(国家資格)

学生時代にはカリスマ鍼灸師「志村耕一先生」に師事。

東洋鍼灸専門学校 卒業。

経歴

卒業後、

元東洋鍼灸専門学校講師・日本伝統鍼灸学会 理事・戸ケ崎正男先生

世界多聞内神道武道連盟相談役・大沢則夫先生

鍼灸マッサージ治療に従事するかたわら太極拳の指導をおこなう。

筑波技術大学鍼灸学専攻教授・ 刑井秀一先生に師事する。

総合医療クリニック、癌専門病院において「がんの予防」や「がん再発予防」の針治療、一般的な腰痛、肩こりの針治療はもちろん、「骨転移」「肝炎」のがんや難病治療に従事。

医師・医療従事者向け「鍼灸実技実践講座」の実技講師。

「21世紀の未病予防セミナー」、「痛みのないガン看護の実際」看護セミナーでの実技講師。

(ザツコ タケシ)<治療家>